宣伝も兼ねている冷凍車

単なる保冷車と違って、冷凍車には荷台に冷凍装置が付いています。車内のエアコン装置に似た冷却機能が荷台の中にも装備してあると思うといいです。コンテナにだけ別に冷却機能が存在し、冷凍温度を設定すれば、自動的にその温度を維持してくれます。最近はエンジンを切っても、冷凍が継続する冷凍車もリリースされています。
軽冷凍車からワンボックス車、1.5トンロング、2トン、3トン、4トンロングなどバラエティー豊かな積載トン数の冷凍車が存在します。新型のみならず中古車でもさまざまなサイズがあるので、お手軽に冷凍車を手に入れたい時は、中古冷凍車でも何ら問題ないです。
大昔の冷凍車は、冷凍庫の電源をトラックの本体と一緒にしていたため、エンジンを止めてしまうと冷凍装置も停止してしまっていました。ですが、現代の冷凍車の一部は冷凍装置の副電源を外部に用意しています。夜の積み置きや予冷もできるように改良されています。さらに最新のタイプはハイブリッド電源を冷凍機能に使いまわしています。

活用する使途別に冷凍車は選ぶようにしなくてはいけないのです。冷凍車のスペックは自動車メーカーや車両の寸法などでも違うので、ディーラーなどに使用目的をきちんと言って、用途に最も合った車を購入するようにしましょう。値段が格安だからということで機能の悪いものを選択すると使用できなくなる可能性も出てくるかもしれません。
当たり前ですが燃費効率がそれほど優れては冷凍車です。一般的な輸送車、例えばいすゞ自動車の4トン車ならば平均して7.4キロくらいはいきます。しかしながら、冷凍車となってくると、燃費効率はそれよりは落ちてしまうのです。ただし、ちょっと前からハイブリッドタイプの冷凍車が出てきたので、燃費効率は少しは向上しました。
トラックのエンジンをストップしても冷凍機能が継続する冷凍車と、トラックのエンジンを切ると冷凍機能まで停止する冷凍車が混在しています。後者はエンジンの運動で冷凍装置を動かすので、常時エンジンを付けっ放しにしていないと、冷凍装置が停止してしまいます。その結果駐車中でもエンジンは回っており、燃費効率は非常に悪化します。

利点が大きい分、デメリットも大きな冷凍車です。コンテナの内部を冷凍するべくさまざまな装置を搭載しています。例えばコンデンサーや外部バッテリー、冷凍器機などになります。それらの装備の重みが燃費に影響を及ぼし、燃料代が普通のトラックよりも余分にかかるという弱点も考えられます。
幅広い温度の管理ができる最新の冷凍車です。0℃も可能ですし最低だとマイナス25℃くらいまで冷やせます。マイナス25℃程度が必要な荷物と言うと、冷凍の肉類や冷凍の魚介類、冷凍果実などです。マイナス25℃くらいまで低下するモデルを超低温冷凍車と言います。荷物によってはマイナス25℃くらいまで冷やす必要はありません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

*